« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月21日 (水)

第306回 金融政策

第306回は、金融資産運用から 「金融政策」です。

---

FP暗記研究会からのお知らせ①

勝つ! 社労士受験 ゴロ合わせ徹底攻略【2017年版】 10月28日より発売!

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!

詳しくは「秘伝!社労士暗記術」公式ブログまで!

FP暗記研究会からのお知らせ②

秘伝!診断士1次試験ゴロ合わせ合格術 2014年版4月10日より発売!

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!

詳しくは「秘伝!診断士暗記術」公式ブログまで!

---

「fp006.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

※この放送は2010年1月8日の放送分です。
法改正等の最新情報のチェックをお願いします。


=====================================

金融政策

「①後悔している日銀にうるさいと怒られ 民間金なし はい、金なし」
「②皇帝が利息上げたら 民間、借りれず はい、金なし」
「③アホウ率がアゲアゲ 信用なくして 金もなし」


公開市場操作
後悔している日銀=公開市場操作 日銀
うるさい売る(売却)
民間金なし はい、金なし民間の現金保有減少 ハイパワードマネー減少

公定歩合操作
皇帝 利息上げたら公定歩合操作 公定歩合上げる
民間借りられず はい、金なし民間の日銀から借入減少 ハイパワードマネー減少

法定準備率操作
ホウ率アゲアゲ定準備上昇 
信用なくして金もなし信用乗数低下 マネーサプライ減少


金融政策の概要


(1)公開市場操作
中央銀行(日本銀行)債券・手形の売買を通じてハイパワードマネーの量を変更することによりマネーサプライを操作する政策のこと。

(2)公定歩合操作
公定歩合とは中央銀行(日本銀行)が民間銀行に対して貸し出しを行う際の金利のこと。

(3)法定準備率操作
法定準備率とは銀行が受け入れている預金に対し、義務として中央銀行に預け入れなければならない準備金(法定準備)の割合のこと。

---

今回の担当はゼッキーです。
次回もお楽しみに!!

| | コメント (0)

2016年9月 7日 (水)

第305回 経済・景気指標の調査時期

第305回は、金融資産運用から 「経済・景気指標の調査時期」です。

---

FP暗記研究会からのお知らせ①

勝つ! 社労士受験 ゴロ合わせ徹底攻略【2017年版】 10月28日より発売!

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!

詳しくは「秘伝!社労士暗記術」公式ブログまで!

FP暗記研究会からのお知らせ②

秘伝!診断士1次試験ゴロ合わせ合格術 2014年版4月10日より発売!

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!

詳しくは「秘伝!診断士暗記術」公式ブログまで!

---

「fp005.mp3」をダウンロード

※この放送は2010年1月11日の放送分です。
法改正等の最新情報のチェックをお願いします。

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

経済・景気指標の調査時期

「どうします?ブツブツ付きのジニーのジーパン」

どうし        =  景気
ます?       =  ネートック統計
ブツ          =  企業価指数
ブツ          =  消費者価指数
付きの      =  毎
             =  DP
ーの      =  銀短観
ジーパン   =  四半

→経済・景気指標の調査時期を表しています。

経済・景気指標の調査時期の概要とゴロ合わせのポイント

各種組織が調査している経済・景気指標の調査時期を、キーワードとともに以下にまとめました。

組織 調査対象 キーワード 調査対象 キーワード
内閣府 景気 どうし DP
日銀 ネートック統計 ます 銀短観 ニー
企業価指数 ブツ    
総務省 消費者価指数 ブツ    
  調査タイミング キーワード 調査タイミング キーワード
付き 四半 ジーパン

経済・景気指標の調査時期は「毎月」と「四半期ごと」に分類されます。
また、今回のゴロ合わせでは調査タイミングのみを扱いましたが、調査組織も重要です。

内閣府であれば「景気動向指数」と「GDP」、日銀であれば「マネーストック統計」・「企業物価指数」・「日銀短観」、総務省であれば「消費者物価指数」をそれぞれ調査・発表していますので、こちらも忘れないように気をつけて下さい。

---
今回は庵谷が送りいたしました。
それではまたお会いしましょう!

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »