« 第282回 不動産の有効活用の事業手法 | トップページ | 第284回 贈与の概要と納税義務者と課税財産・非課税財産 »

2015年10月28日 (水)

第283回 不動産の鑑定方法

第283回は、不動産から 「不動産の鑑定方法」です。

---

FP暗記研究会からのお知らせ①

秘伝!診断士1次試験ゴロ合わせ合格術 2014年版2014年4月10日より発売中です。

さらに過去問については、本書を購入いただいた読者の方限定で
無料でPDFをプレゼントしています

(ダウンロード方法は本書をご確認ください)。

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!

詳しくは「秘伝!診断士暗記術」公式ブログまで!


FP暗記研究会からのお知らせ②

2013年版秘伝!社労士試験ゴロ合わせ合格術
2013年4月5日より発売中です。

さらに過去問については、本書を購入いただいた読者の方限定で
無料でPDFをプレゼントしています

(ダウンロード方法は本書をご確認ください)。

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!
詳しくは「秘伝!社労士暗記術」公式ブログまで!

---

「fp083.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

※この放送は2011年8月3日の放送分です。
法改正等の最新情報のチェックをお願いします。

=====================================

不動産の鑑定方法

「原シュート!ケンカのリーマン、D町へ辞令」

不動産の鑑定方法の種類、3つと、その特徴を表しています。

=①価法
シュー=②益還元法
=③引事例比較法

次に3つそれぞれのキーワードを先ほど登場した順番に表していきます。
ケンカ=①再調達原価を、減価修正して(価格を求める)
リーマンD町へ=②還元利回りDCF還元法と接還元法がある
辞令=③実際の取引事例(から価格を求める)

不動産の鑑定方法の概要

3種類の鑑定方法とその特徴について、ゴロ合わせと併せて下記表にまとめます。

ゴロ合わせ鑑定法ゴロ合わせ特徴
価法 ケンカ 再調達原価を、減価修正して価格を求める
シュー 益還元法 リーマンD町 還元利回りで価格を求める:DCF還元法と接還元法がある
引事例比較法 辞令 実際の取引事例から価格を求める

---
今回は庵谷がお送りしました。またお会いしましょう!

|

« 第282回 不動産の有効活用の事業手法 | トップページ | 第284回 贈与の概要と納税義務者と課税財産・非課税財産 »

不動産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第282回 不動産の有効活用の事業手法 | トップページ | 第284回 贈与の概要と納税義務者と課税財産・非課税財産 »