« 第258回 登記簿の構成 | トップページ | 【6年目】あけましておめでとうございます! »

2014年12月31日 (水)

第259回 不動産の価格

第259回は、不動産から 「不動産の価格」です。
不動産の価格は、1種類ではありません。
「一物四価」とも、「一物五価」ともいわれます。

今回は、2007年1月3級学科試験の問題が流れます。
放送を聞いて問題を解けるようになりましょう!

---
FP暗記研究会からのお知らせ①

秘伝!診断士1次試験ゴロ合わせ合格術 2014年版2014年4月10日より発売中です。

さらに過去問については、本書を購入いただいた読者の方限定で
無料でPDFをプレゼントしています

(ダウンロード方法は本書をご確認ください)。

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!

詳しくは「秘伝!診断士暗記術」公式ブログまで!


FP暗記研究会からのお知らせ②

2013年版秘伝!社労士試験ゴロ合わせ合格術
2013年4月5日より発売中です。

さらに過去問については、本書を購入いただいた読者の方限定で
無料でPDFをプレゼントしています

(ダウンロード方法は本書をご確認ください)。

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!
詳しくは「秘伝!社労士暗記術」公式ブログまで!

---

「fp059.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

※この放送は2011年2月9日の放送分です。
法改正等の最新情報のチェックをお願いします。


=====================================

不動産の価格

「ココイチが3月にキットなくし、コテイチがさんざん、倉庫イナバで価格を決める」

ココイチが3月に 示価格は土交通省が毎年1月に決め、3月に発表
キットなくし
準地価格は道府県が毎年7月に決め、9月に発表
コテイチがさんざんな固定資産税評価額は市町村が3月に1回、3年ごとに
評価割合を公示価格の70%で発表の記載
倉庫イナバ続税評価額は国税庁が毎年1月に決め、7月に公示価格の
80%で発表

このように、不動産の価格については、一つの不動産に対して
4種類の価格が決められており、「一物四価」といわれています。
これに、実際の価格、つまり実勢価格を入れて「一物五価」と
いわれることもあります。

どの価格をどこの行政がいつ決めるのか、覚えるのが大変ですが、
紛らわしいだけに、学科試験によく出る分野でもあります。
みなさまぜひゴロ合わせでイメージ化をしながら楽しく覚えてくださいね!

---
それではまたお会いしましょう!ゼッキーこと石関でした!

|

« 第258回 登記簿の構成 | トップページ | 【6年目】あけましておめでとうございます! »

不動産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第258回 登記簿の構成 | トップページ | 【6年目】あけましておめでとうございます! »