« 第253回 生命保険会社の保険の種類 | トップページ | 第255回 金融資産運用に関する法律 »

2014年11月26日 (水)

第254回 ポートフォリオ運用

第254回は、金融資産運用から 「ポートフォリオ運用」です。

---

FP暗記研究会からのお知らせ①

秘伝!診断士1次試験ゴロ合わせ合格術 2014年版2014年4月10日より発売中です。

さらに過去問については、本書を購入いただいた読者の方限定で
無料でPDFをプレゼントしています

(ダウンロード方法は本書をご確認ください)。

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!

詳しくは「秘伝!診断士暗記術」公式ブログまで!


FP暗記研究会からのお知らせ②

2013年版秘伝!社労士試験ゴロ合わせ合格術
2013年4月5日より発売中です。

さらに過去問については、本書を購入いただいた読者の方限定で
無料でPDFをプレゼントしています

(ダウンロード方法は本書をご確認ください)。

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!
詳しくは「秘伝!社労士暗記術」公式ブログまで!

---

「fp054.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。
※この放送は2010年12月29日の放送分です。
法改正等の最新情報のチェックをお願いします。


=====================================

ポートフォリオ運用

「ポリンキーは紀州の果汁、フリスクはシュウマイ紀州の事情。
早慶は毎日ギャグと霊感」

ポリーは紀州果汁
ートフォオの待収益率:組入資産の益率を組入比率で加重平均

フリスクシュウマイ紀州の事情
リスク確実性):散→各益率イナス益率の二乗

早慶毎日ギャグ霊感ない
数:-11の範囲(相関係数が-1:全くに動く、0:全くない


ポートフォリオ運用の概要


ポートフォリオは、複数の資産や銘柄に投資した投資家の金融資産の集合体のことをいいます。バランスのようなものととらえるとよいでしょう。

(1) ポートフォリオの期待収益率

組入資産の期待収益率を組入比率で加重平均して求められます。
リターンを意味するので、この値だけを見た場合、もちろん大きい方がよいとされます。

(2) リスク

証券投資における不確実性を意味します。
代表的なものに分散があります。分散は各収益率マイナス期待収益率の二乗
で計算されます。

ちなみに、標準偏差は分散の平方根で計算できます。

(3) 相関係数

相関係数はポートフォリオに組み入れられている証券同士の変動の関連性の強さを表します。

数値は必ず、-1~1の間の値になります。数値が小さいほどポートフォリオ効果が大きく、リスク低減効果が高いことになります。

-1:変数同士が全く逆の動き、
0 :変数同士が全く関係ない、
1 :完全に同一に動く

---
それではまたお会いしましょう!
今回はゼッキーがお送りしました!

|

« 第253回 生命保険会社の保険の種類 | トップページ | 第255回 金融資産運用に関する法律 »

金融資産運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第253回 生命保険会社の保険の種類 | トップページ | 第255回 金融資産運用に関する法律 »