« 第252回 自動車保険(任意)の種類 | トップページ | 第254回 ポートフォリオ運用 »

2014年11月19日 (水)

第253回 生命保険会社の保険の種類

第253回は、リスク管理から 「生命保険会社の年金の種類」です。

確定年金、終身年金、有期年金、まぎらわしい年金の種類と特徴を、ゴロ合わせで覚えていきましょう。

---
FP暗記研究会からのお知らせ①

秘伝!診断士1次試験ゴロ合わせ合格術 2014年版2014年4月10日より発売中です。

さらに過去問については、本書を購入いただいた読者の方限定で
無料でPDFをプレゼントしています

(ダウンロード方法は本書をご確認ください)。

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!

詳しくは「秘伝!診断士暗記術」公式ブログまで!


FP暗記研究会からのお知らせ②

2013年版秘伝!社労士試験ゴロ合わせ合格術
2013年4月5日より発売中です。

さらに過去問については、本書を購入いただいた読者の方限定で
無料でPDFをプレゼントしています

(ダウンロード方法は本書をご確認ください)。

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!
詳しくは「秘伝!社労士暗記術」公式ブログまで!

---

「fp053.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

※この放送は2010年12月22日の放送分です。
法改正等の最新情報のチェックをお願いします。


=====================================

生命保険会社の年金の種類

「確定!死後、雪と先祖、終始先祖の保証付き」

生命保険会社の3つの年金の種類と特徴を表しています。

確定年金:死後でももらえる=生死に関係なく、契約時に定めた期間だけ年金が支払われる
有期年金:先祖=被保険者が生存している限り、契約時に定めた期間を限度に年金が支払われる
終身年金:先祖保証つき=被保険者が生存している限り終身年金が支払われる。10年15年という保証期間をつけた保障期間もある

生命保険会社の年金のポイント

①確定年金
 年金支払開始後10年、15年などあらかじめ定められた年金支払期間だけ、生死に関係なく受け取れる年金です。年金支払期間中に被保険者が死亡した場合、一括、もしくは残りの期間継続して遺族に年金が支払われます。

②有期年金
 10年や15年など支払い期間を定めて、被保険者の生存を条件として年金を支払う商品です。被保険者の生存が条件ですので、被保険者の死亡後は年金の支払いが終了してしまう点が大きなポイントです。

③終身年金
 被保険者が生存する限り年金が支払われます。長生きすることによる金銭的なリスクをカバーすることができますが、十分受け取らないまま死亡してしまうと、払い込んだ保険料よりも少ない年金しか受け取れないことになってしまいます。
 そのため、当初10年や15年の間、生死にかかわらず年金を受け取ることができる保障期間つき終身年金などが増えています。

---

それではまたお会いしましょう!今回は庵谷がお送りしました!

|

« 第252回 自動車保険(任意)の種類 | トップページ | 第254回 ポートフォリオ運用 »

リスク管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第252回 自動車保険(任意)の種類 | トップページ | 第254回 ポートフォリオ運用 »