« 第245回 短期譲渡所得と長期譲渡所得の税率 | トップページ | 第247回 法定相続分 »

2014年10月 8日 (水)

第246回 居住用財産の軽減税率

第246回は不動産から「居住用財産の軽減税率」です。
税率はややこしいので、ゴロ合わせで覚えるのが有効です。



---
FP暗記研究会からのお知らせ①

秘伝!診断士1次試験ゴロ合わせ合格術 2014年版2014年4月10日より発売中です。

さらに過去問については、本書を購入いただいた読者の方限定で
無料でPDFをプレゼントしています

(ダウンロード方法は本書をご確認ください)。

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!

詳しくは「秘伝!診断士暗記術」公式ブログまで!


FP暗記研究会からのお知らせ②

2013年版秘伝!社労士試験ゴロ合わせ合格術
2013年4月5日より発売中です。

さらに過去問については、本書を購入いただいた読者の方限定で
無料でPDFをプレゼントしています

(ダウンロード方法は本書をご確認ください)。

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!
詳しくは「秘伝!社労士暗記術」公式ブログまで!

---

「fp046.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

居住用財産の軽減税率

「登頂するも重傷で凍死、6000メートルいかない地点

登頂             = 10
重傷             = 14
              = 10
                 =
6000メートル 6000万円
いかない        = 以下

→居住用財産の軽減税率を表しています。


居住用財産の軽減税率の概要とゴロ合わせのポイント

今回のキーワードは、居住用財産の軽減税率を表しています。

条件 所有期間10の居住用財産を譲渡した場合 登頂するも
軽減税率 14%(所得税10%・住民税%) 重傷凍死
軽減税率
の対象
3000万円控除後の譲渡益が
6000万円以下の部分
6000メートル
いかない地点

ちなみに、3000万円控除後の譲渡益が6000万円超の部分については、原則どおり長期譲渡所得として20%(所得税15%・住民税5%)の税率となります。こちらも併せて覚えておいて下さい。

---

今回はクロちゃんがお送りさせていただきました。
それではまたお会いしましょう!

|

« 第245回 短期譲渡所得と長期譲渡所得の税率 | トップページ | 第247回 法定相続分 »

不動産」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第245回 短期譲渡所得と長期譲渡所得の税率 | トップページ | 第247回 法定相続分 »