« 第243回 不動産の賃貸に係る税金 | トップページ | 第245回 短期譲渡所得と長期譲渡所得の税率 »

2014年9月24日 (水)

第244回 住宅借入金等特別控

第244回は、タックスプランニングから 「住宅借入金等特別控除」です。
住宅ローンを組んだ場合の控除の要件について、しっかり覚えましょう!

---
FP暗記研究会からのお知らせ①

秘伝!診断士1次試験ゴロ合わせ合格術 2014年版2014年4月10日より発売中です。

さらに過去問については、本書を購入いただいた読者の方限定で
無料でPDFをプレゼントしています

(ダウンロード方法は本書をご確認ください)。

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!

詳しくは「秘伝!診断士暗記術」公式ブログまで!


FP暗記研究会からのお知らせ②

2013年版秘伝!社労士試験ゴロ合わせ合格術
2013年4月5日より発売中です。

さらに過去問については、本書を購入いただいた読者の方限定で
無料でPDFをプレゼントしています

(ダウンロード方法は本書をご確認ください)。

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!
詳しくは「秘伝!社労士暗記術」公式ブログまで!

---

「fp044.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。
※この放送は2010年10月20日の放送分です。
法改正等の最新情報のチェックをお願いします。

=====================================

住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)

「書斎、夢は50。買おう2分の1。注、子連れ大富豪、銃借り照準は信金。」

書斎=所得要件。合計得金額が3,000万円
夢は50=居住用家屋の要件。床面積(んせき)が50㎡以上
注、子連れ大富豪中古住宅の場合、築年数が20年以下(火建築物の場合25年)
銃借り照準は信金入金の要件。還期間が10年以上、族からの借入金を除いた融機関からの借入金

住宅借入金等特別控除(住宅ローン控除)の要件


(1) 所得要件

① 控除を受ける年分の合計所得金額が3,000万円以下であること

(2) 居住用家屋の要件

 床面積が50㎡以上であり、家屋の2分の1以上が居住用であること
② 中古住宅の場合、築年数が20年以内(耐火建築物の場合は25年)であること
③ 増改築(耐震工事を含む)の場合、工事に要した費用が100万円超であり、工事をした後の家屋の床面積が50㎡であること

(3) 住宅借入金等の要件

① 償還期間が10年以上(勤務先からの借入金の場合、金利1%以上であること)
② 親族からの借入金を除き、金融機関等(地方公共団体、勤務先等を含む)からの借入金であること

給与所得者の場合、控除を受ける最初の年は必ず確定申告ししなくてはなりませんが、翌年以降は年末調整で控除を受けることができます

---
それではまたお会いしましょう!庵谷でした!

|

« 第243回 不動産の賃貸に係る税金 | トップページ | 第245回 短期譲渡所得と長期譲渡所得の税率 »

タックスプランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第243回 不動産の賃貸に係る税金 | トップページ | 第245回 短期譲渡所得と長期譲渡所得の税率 »