« 第211回 相続開始後の手続き | トップページ | 第213回 介護保険の被保険者と要介護認定 »

2014年2月12日 (水)

第212回 贈与税の配偶者特例

第212回は、相続・事業承継から 「贈与税の配偶者特例」です。

---

FP暗記研究会からのお知らせ①

2013年版秘伝!社労士試験ゴロ合わせ合格術
2013年4月5日より発売中です。

昨年までの2巻構成の『秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術シリーズ』は
今年より1巻に濃縮され生まれ変わりました

さらに過去問については、本書を購入いただいた読者の方限定で
無料でPDFをプレゼントしています

(ダウンロード方法は本書をご確認ください)。

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!

詳しくは「秘伝!社労士暗記術」公式ブログまで!

FP暗記研究会からのお知らせ②

秘伝!診断士1次試験ゴロ合わせ合格術 2013年版
2013年3月1日より発売中です。

昨年までの2巻構成の『秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術シリーズ』は
今年より1巻に濃縮され生まれ変わりました
お値段は2巻→1巻となったことにより、リーズナブルになりました

さらに過去問については、本書を購入いただいた読者の方限定で
無料でPDFをプレゼントしています

(ダウンロード方法は本書をご確認ください)。

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!


詳しくは「秘伝!診断士暗記術」公式ブログまで!

---

「fp012.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

※この放送は2010年3月1日の放送分です。
法改正等の最新情報のチェックをお願いします。


=====================================

贈与税の配偶者控除

「そうよ、ハイジに聞こう。Twitterで。ジュースとこんにゃくを埋蔵?倉庫にはじっと釈迦と金と新艇?」

そうよハイジ贈与税の偶者控
=最大2,000万円
聞こうTwitter(ツー・イ・トウ)で。=除額と合わせて最大で2,110万円

ジュース贈者の要件(以下、べて満たす必要)
こんにゃくを埋蔵
① 贈与者の配偶者で、その者との姻関係が20年以上
② 前にその配偶者からの贈与について与税の配偶者控除の適用を受けていない

与財産の要件(以下、いずれか満たす必要)
庫にと釈迦
① 贈与財産が以下のすべてを満たす不動産である
 ・あるものであること
 ・己が居住するものであること
 ・地、地権、屋のいずれかに該当すること
② ①の不動産を取得するための銭であること

告の要件
=税額の有無にかかわらず、贈与税の申告書を出すること


贈与税の配偶者控除の概要


贈与税の配偶者控除とは、基礎控除を控除する前に、居住用財産・居住用の取得資金の価額より最大2,000万円が控除できるという特例です。要件に該当すれば基礎控除と合わせて最大2,110万円の控除ができることになります。

要件は以下のとおりです。

(1) 受贈者の要件(以下、すべて満たす必要)
① 贈与者の配偶者で、その者との婚姻関係が20年以上
② 前年以前にその配偶者からの贈与について贈与税の配偶者控除の適用を受けていない

(2) 贈与財産の要件(以下、いずれか満たす必要)
① 贈与財産が以下のすべてを満たす不動産であること
 ・国内にあるものであること
 ・自己が居住するものであること
 ・土地、借地権、家屋いずれかに該当すること
② ①の不動産を取得するための金銭であること

(3) 申告の要件
税額の有無にかかわらず、贈与税の申告書を提出すること


<ポイント>

「すべて」と「いずれか」の用語に注意!

受贈者の要件は「すべて」、贈与財産の要件は「いずれか」、贈与財産の要件の1つ目の要件は「すべて」、土地、借地権、家屋の文言は「いずれか」です。細かいですが覚えておきましょう。

-------------------------------------------------

今回の担当は46・庵谷でした!

今年も明けてからもう1か月が経ちました。
もう!と思った方は、今日からまたシフトチェンジしていきましょう!

|

« 第211回 相続開始後の手続き | トップページ | 第213回 介護保険の被保険者と要介護認定 »

相続・事業承継」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第211回 相続開始後の手続き | トップページ | 第213回 介護保険の被保険者と要介護認定 »