« 第201回 国民年金の付加保険料 | トップページ | 第203回 地震保険の保険金額 »

2013年11月27日 (水)

第202回 雇用保険の教育訓練給付金

第202回は、ライフプランニングと資金計画から 「雇用保険の教育訓練給付金」です。

---

FP暗記研究会からのお知らせ①

2013年版秘伝!社労士試験ゴロ合わせ合格術
2013年4月5日より発売中です。

昨年までの2巻構成の『秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術シリーズ』は
今年より1巻に濃縮され生まれ変わりました

さらに過去問については、本書を購入いただいた読者の方限定で
無料でPDFをプレゼントしています

(ダウンロード方法は本書をご確認ください)。

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!

詳しくは「秘伝!社労士暗記術」公式ブログまで!

FP暗記研究会からのお知らせ②

秘伝!診断士1次試験ゴロ合わせ合格術 2013年版
2013年3月1日より発売中です。

昨年までの2巻構成の『秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術シリーズ』は
今年より1巻に濃縮され生まれ変わりました
お値段は2巻→1巻となったことにより、リーズナブルになりました

さらに過去問については、本書を購入いただいた読者の方限定で
無料でPDFをプレゼントしています

(ダウンロード方法は本書をご確認ください)。

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!


詳しくは「秘伝!診断士暗記術」公式ブログまで!

FP暗記研究会からのお知らせ③

庵谷、安田による著書
『超快速勉強法』は好評発売中!
amazonではコツコツできない人でも短期間でスイスイ受かる! 超快速勉強法
より発売中です。


また、メルマガも好評配信中です!
『超快速勉強法』など、資格試験などの勉強に役立つ最新情報を配信します。こちらは、右サイドバーのKEN46ニュース配信登録にメールアドレスをご登録ください。

facebookページができました!
こちらでも情報を随時アップデートしていくので、ぜひ下の「いいね!」ボタンを押してください!

---

「fp002.mp3」をダウンロード

※この放送は2009年12月14日の放送分です。
法改正等の最新情報のチェックをお願いします。


↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

雇用保険の教育訓練給付金

「基準は一軒家、一年以内で、三条なければ一条」

基準基準日(教育訓練を開始した日)
一軒家般被保険者
一年以内=一般被保険者でなくなった日から1年以内にある
三条=基準日までに支給要件期間が3年以
ければ一条=基準日前に教育訓練給付金を受けたことがない者については1年以

つまり、教育訓練給付金を受けるには教育訓練を開始した日(基準日)に一般被保険者であるか、一般被保険者でなくなった日から1年以内にあることが必要で、なおかつ、基準日までに支給要件期間が3年以上(初めて教育訓練給付金を受ける人は1年以上)必要になります。

「庭でトマトようせん」

20パーセント
トマト=上限が10万円
ようせん=下限が4,000円

つまり、教育訓練給付金の支給額は教育訓練の受講のために支払った費用の額の20パーセントで、上限が10万円、下限が4,000円になります。


雇用保険の教育訓練給付金のポイント

(1)支給要件期間について

 支給要件期間とは基準日までの間に同一の事業主の適用事業に引き続いて被保険者として雇用されていた期間のみに限らず、離職後1年以内に被保険者資格を再取得した場合には、その前後の被保険者として雇用された期間も通算したものをいいます。

(2)基本手当の算定基礎期間との違い

 支給要件期間は基本手当の算定基礎期間と考え方は同じですが、算定基礎期間は従前に基本手当を受給した期間は算入されませんが、支給要件期間は基本手当の受給をした場合でも、その期間が算入されます。
 逆に、支給要件期間は従前に教育訓練給付金を受けた基準日前の期間は算入されませんが、基本手当の算定基礎期間で教育訓練給付金を受給した場合でもその期間が算入されます。

---
ちなみに「秘伝!社労士暗記術」の第33回でも同じ内容を放送してあります。
お時間のある方はこちらも聴いてみてください!

それではまたお会いしましょう!庵谷でした!

|

« 第201回 国民年金の付加保険料 | トップページ | 第203回 地震保険の保険金額 »

ライフプランニングと資金計画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第201回 国民年金の付加保険料 | トップページ | 第203回 地震保険の保険金額 »