« 第167回 株式累積投資と株式ミニ投資 | トップページ | 第169回 社会保険料控除と医療費控除 »

2013年4月 3日 (水)

第168回 基礎控除と扶養控除

第168回は、タックスプランニングから 「基礎控除と扶養控除」です。

---

FP暗記研究会からのお知らせ①

2013年版秘伝!社労士試験ゴロ合わせ合格術
2013年4月5日より発売中です。

昨年までの2巻構成の『秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術シリーズ』は
今年より1巻に濃縮され生まれ変わりました

さらに過去問については、本書を購入いただいた読者の方限定で
無料でPDFをプレゼントしています

(ダウンロード方法は本書をご確認ください)。

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!

詳しくは「秘伝!社労士暗記術」公式ブログまで!

FP暗記研究会からのお知らせ②

秘伝!診断士1次試験ゴロ合わせ合格術 2013年版
2013年3月1日より発売中です。

昨年までの2巻構成の『秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術シリーズ』は
今年より1巻に濃縮され生まれ変わりました

さらに過去問については、本書を購入いただいた読者の方限定で
無料でPDFをプレゼントしています

(ダウンロード方法は本書をご確認ください)。

ぜひ、書店さん、インターネット書店さんでお買い求めください!


詳しくは「秘伝!診断士暗記術」公式ブログまで!

FP暗記研究会からのお知らせ③

庵谷、安田による著書
『超快速勉強法』は好評発売中!
amazonではコツコツできない人でも短期間でスイスイ受かる! 超快速勉強法
より発売中です。


また、メルマガも好評配信中です!
『超快速勉強法』など、資格試験などの勉強に役立つ最新情報を配信します。こちらは、右サイドバーのKEN46ニュース配信登録にメールアドレスをご登録ください。

facebookページができました!
こちらでも情報を随時アップデートしていくので、ぜひ下の「いいね!」ボタンを押してください!

---

「fp068.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

※この放送は2011年4月20日の放送分です。
法改正等の最新情報のチェックをお願いします。


=====================================

基礎控除と扶養控除

「聞こう、井沢の不幸。『いっぱい色々触って』特に一休兄さんのズロース。
ロナウドがようやくご飯」

まず、前半「聞こう、井沢」で基礎控除を表します。

こう=
井沢38万円

次に後半「不幸。『いっぱい色々触って』特に一休兄さんのズロース。ロナウドがようやくご飯」で扶養控除を表します。

不幸
いっぱって」=一般の対象扶養親族(16歳以上):38万円
一休兄さんのズロース定扶養親族(19歳以上23歳未満):63万円
ロナドがよご飯人扶養親族(70歳以上):居老親等以外→48万円、同居老親等→58万円

基礎控除と扶養控除の概要

(1) 基礎控除
納税者は一律38万円の控除があります。

(2) 扶養控除

・一般の対象扶養親族(16歳以上):       38万円
・特定扶養親族(19歳以上23歳未満):      63万円
・老人扶養親族(70歳以上):同居老親等以外→48万円、同居老親等→58万円

※平成23年分以降の扶養控除の法改正について

平成22年度の税制改正において、扶養控除が次のとおり改正されました。
この改正は、平成23年分の所得税から適用されます。

一般の扶養親族のうち、年齢が16歳未満の人に対する扶養控除(38万円)が廃止されました。

特定扶養親族のうち、年齢が16歳以上19歳未満の人に対する扶養控除について、上乗せ部分(25万円)が廃止され、扶養控除の額が38万円とされました。

③上記の扶養控除の改正に伴い、扶養親族が同居の特別障害者である場合において、扶養控除の額に35万円を加算する措置に代えて、同居特別障害者である扶養親族に対する障害者控除の額が40万円から75万円に引き上げられました。

---

扶養控除は法改正があったばかりなので、試験で問われやすくなっています。
しっかり法改正後の年齢と金額をゴロ合わせで覚えて、
できたら法改正でどのうように変わったまで押さえるとよいでしょう。

それではまたお会いしましょう!庵谷でした!

|

« 第167回 株式累積投資と株式ミニ投資 | トップページ | 第169回 社会保険料控除と医療費控除 »

タックスプランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第167回 株式累積投資と株式ミニ投資 | トップページ | 第169回 社会保険料控除と医療費控除 »