« 第151回 ライフプランニングと関連法規 | トップページ | 第153回 生命保険会社の年金の種類 »

2012年12月 5日 (水)

第152回 自動車保険(任意)の種類

第152回は、リスク管理から 「自動車保険(任意)の種類」です。

普段自動車に乗らない人にはなかなか覚えにくい任意保険の種類。ゴロ合わせで種類と特徴を覚えていきましょう。

---

FP暗記研究会からのお知らせ①

秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術(第1巻 2012年版)
秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術(第2巻 2012年版)
2012年2月7日より発売中です。

秘伝!社労士試験暗記術(第1巻(労働編)2012年版)
秘伝!社労士試験暗記術(第2巻(社会保険編)2012年版)
 
2012年3月8日より発売中です。

詳しくは「秘伝!診断士暗記術」公式ブログおよび
「秘伝!社労士暗記術」公式ブログまで!

FP暗記研究会からのお知らせ②

庵谷、安田による著書
『超快速勉強法』は好評発売中!
amazonではコツコツできない人でも短期間でスイスイ受かる! 超快速勉強法
より発売中です。 増刷や新聞広告に何度も掲載されました。


そして、超快速勉強法実践サロンができました。

勉強法も本を読んだだけでは身につきません。
音声番組やメール、電話などでKEN46が「実践」をサポートします。
無料で登録できるので、右サイドバーよりご登録ください!

また、メルマガも好評配信中です!
『超快速勉強法』など、資格試験などの勉強に役立つ最新情報を配信します。こちらは、右サイドバーのKEN46ニュース配信登録にメールアドレスをご登録ください。

facebookページができました!
こちらでも情報を随時アップデートしていくので、ぜひ下の「いいね!」ボタンを押してください!

---

「fp052.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

※この放送は2010年12月15日の放送分です。
法改正等の最新情報のチェックをお願いします。


=====================================

自動車保険(任意)の種類

「無灯車、部署人事。陣内、運道具だけ谷超え辞席」

7つの自動車保険(任意)の種類と特徴を表しています。

保険車傷害保険:陣内=対賠償保険がついていない自動車との事故の場合
乗者傷害保険:運動転者・乗者が死傷した場合
両保険:=衝突・火災・盗難など然の事故で自動車が損害を受けた場合
④対賠償保険:人の車や財産などへの賠償責任
⑤人身害補償保険:=過失の有無に関係なく 自動車事故によって被った
⑥対賠償保険:谷超え他人に対して 自賠責保険の支払額を超える部分について 
損事故保険:辞席=らの任で起こした事故:自賠責保険などで補償されない自動車事故で死亡、傷害または後遺障害

自動車保険(任意)のポイント

①無保険車傷害保険
 交通事故を起こして後遺傷害を負ったり死亡してしまった場合で、相手が「無保険車」で賠償金の支払能力が無い場合のための保険。

②搭乗者傷害保険
 保険加入車に乗っている搭乗者が、交通事故でケガや死亡した場合に過失に関係なく補償される保険。

③車両保険
 交通事故によって損害を受けた自分の車(モノ)に対する保険。

④対物賠償保険
 交通事故で「他人」の財産(モノ)に損害を与えてしまった場合に補償される保険。

⑤人身傷害補償保険
 契約している車に乗っている搭乗者が、自動車事故でケガや後遺障害、死亡の場合に、実際の損害額が支払われる保険で、過失の有無に関係なく支払われる。

⑥対人賠償保険
 交通事故で相手にケガをさせたり死亡させてしまった場合に、自賠責保険の補償額を超えてしまう分を対象とした保険。

⑦自損事故保険
 自分の過失が100%もしくは相手がいない交通事故を起こして、ケガや死亡した場合の保険。

音声でも触れていますが、たくさんある任意保険のポイントは、

・相手の保険の有無
・相手または自分の責任の有無、
・対象が他人のものなのか自分のものなのか
・対象が人なのか財産なのか、

という点で主に分かれることです。以上をしっかり意識しましょう!

---

それではまたお会いしましょう!今回は庵谷がお送りしました!

|

« 第151回 ライフプランニングと関連法規 | トップページ | 第153回 生命保険会社の年金の種類 »

リスク管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第151回 ライフプランニングと関連法規 | トップページ | 第153回 生命保険会社の年金の種類 »