« 第128回 非課税となる保険金・給付金 | トップページ | 第130回 TTSとTTB »

2012年7月 4日 (水)

第129回 債券の利回りの求め方

第129回は、金融資産運用から 「債券の利回りの求め方」です。

---


FP暗記研究会からのお知らせ①

秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術(第1巻 2012年版)
秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術(第2巻 2012年版)
2012年2月7日より発売中です。

秘伝!社労士試験暗記術(第1巻(労働編)2012年版)
秘伝!社労士試験暗記術(第2巻(社会保険編)2012年版)
 
2012年3月8日より発売中です。

詳しくは「秘伝!診断士暗記術」公式ブログおよび
「秘伝!社労士暗記術」公式ブログまで!

FP暗記研究会からのお知らせ②

庵谷、安田による著書
『超快速勉強法』は好評発売中!
amazonではコツコツできない人でも短期間でスイスイ受かる! 超快速勉強法
より発売中です。 増刷や新聞広告に何度も掲載されました。


そして、超快速勉強法実践サロンができました。

勉強法も本を読んだだけでは身につきません。
音声番組やメール、電話などでKEN46が「実践」をサポートします。
無料で登録できるので、右サイドバーよりご登録ください!

また、メルマガも好評配信中です!
『超快速勉強法』など、資格試験などの勉強に役立つ最新情報を配信します。こちらは、右サイドバーのKEN46ニュース配信登録にメールアドレスをご登録ください。

facebookページができました!
こちらでも情報を随時アップデートしていくので、ぜひ下の「いいね!」ボタンを押してください!

---

第129回は、金融資産運用から 「債券の利回りの求め方」です。

「fp029.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。
※この放送は2010年6月30日の放送分です。
法改正等の最新情報のチェックをお願いします。

=====================================

債券の利回りの求め方

「①リーマンはお守と甘いブルース、わりーね。最後にワルぶる。
②王の額が発光。尾張の画家と、醤油売買。」

前半「①リーマンはお守と甘いブルース、わりーね。最後にワルぶる。」は、利回り(応募者利回り、最終利回り、所有期間利回り)の共通の式を表しています。

リーマ利回
お守と
甘いブルース=A-B
わりーね÷年数
最後にワルぶる=最後に以上の式を÷B

利回り=(表面利率+(A-B)÷年数)÷B×100 となります。

後半「②王の額が発光。尾張の画家と、醤油売買。」は、上記の利回り(応募者利回り、最終利回り、所有期間利回り)の共通の式のAとBに何が入るかを表したものです。
(全て、A、Bの順に)

発光募者利回り:A面(100)、B発行価格
尾張画家=最終利回り:A面(100)、B付価格
醤油売買所有期間利回り:A付価格、B付価格


債券の利回りの求め方の概要


債権の利回りの求め方の概要をまとめると以下の表のようになります。

【ゴロ合わせ①】

債券の利回り
求め方 利回り= (A-B÷年数)  ×100
         
B 
ゴロ合わせ リーマは お守と甘いブルース、わりーね最後にワルぶる。

【ゴロ合わせ②】

利回り種類 A B ゴロ合わせ
募者利回り (100) 発行価格 発光
利回り (100) 付価格 尾張画家
所有期間利回り 付価格 付価格 醤油売買

【まとめ】

利回り種類 計算式
応募者利回り (表面利率+(額面(100)-発行価格)÷年数)×100
        
発行価格
終利回り (表面利率+(額面(100)-買付価格)÷年数)×100
         
買付価格
所有期間利回り (表面利率+(売付価格 -買付価格)÷年数)×100
         
買付価格
直接利回り  表面利率×100
         
買付価格

これらの計算式は、2級、3級ともに、学科試験・実技試験両方でよく出題されますね。
完璧に覚えることで、他の受験生に差をつけましょう。

---
それではまたお会いしましょう!ゼッキーでした!

|

« 第128回 非課税となる保険金・給付金 | トップページ | 第130回 TTSとTTB »

金融資産運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第128回 非課税となる保険金・給付金 | トップページ | 第130回 TTSとTTB »