« あけましておめでとうございます! | トップページ | 第105回 経済・景気指標の調査時期 »

2012年1月11日 (水)

第104回 生命保険料の保険料の仕組み

FP暗記研究会からのお知らせ①

すでに何度も増刷されており、10月に六本木・アカデミーヒルズで講演され
大盛況だった書籍『超快速勉強法』についての講演のアンコール講演&合格祝賀会・決起会を行います。

日程は1月21日(土)東京の渋谷にて行います。

(2012.01.21)
受付終了しました。お申し込みありがとうございました。

FP暗記研究会からのお知らせ②

「秘伝!FP暗記術」は配信元の都合により再登録をして頂かないと、
9月末で配信がストップしています。

以下のバナーより再登録をお願いします。

秘伝!FP暗記術

FP暗記研究会からのお知らせ③

庵谷、安田による著書『超快速勉強法』は発売になったばかりです。
amazonではコツコツできない人でも短期間でスイスイ受かる! 超快速勉強法より発売中です。

amazonでは総合54位にランクインし、産経新聞、日経新聞にも広告を
掲載していただきました。また、増刷もされています。
これも皆様の応援のおかげです!ありがとうございました!

facebookページができました!
こちらでも情報を随時アップデートしていくので、ぜひ下の「いいね!」ボタンを押してください!

この勉強法は本来の勉強時間を約半分、勉強期間を3分の1から4分の1に短縮して合格を目指すようなイメージの勉強法です。書籍を読んで、超快速勉強法を実践しましょう!

また、『超快速勉強法』など、資格試験などの勉強に役立つ最新情報を配信します。こちらは、右サイドバーのKEN46ニュース配信登録にメールアドレスをご登録ください。

FP暗記研究会からのお知らせ④


秘伝!社労士試験暗記術<2011年版 第1巻(労働編)>
秘伝!社労士試験暗記術<2011年版 第2巻(社会保険編)>

秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術<2011年版 第1巻>
秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術<2011年版 第2巻>

好評発売中です。

今年版は、小型化、重要度による刷新、ゴロ合わせの追加など
さらにパワーアップしています。
詳細は「秘伝!社労士暗記術」「秘伝!診断士暗記術」の公式ブログまで!

---

第104回は、リスク管理から 「生命保険の保険料の仕組み」です。

「fp004.mp3」をダウンロード

※この放送は2009年12月26日の放送分です。
法改正等の最新情報のチェックをお願いします。

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

生命保険の保険料の仕組み

「セーフ!終始体操する純なおしりは不死身。清純な娼婦級!」

セーフ
終始収支相等の原則:入(保険料・運用益)と出(保険金・経費)が等しくなるように保険料を設定するという原則
体操数の法則:偶然に見える事象も多数の例を集計すれば一定の法性が見出せるという法則
なおしり保険料:予定亡率と予定率で構成
不死身=加保険料:予定業率で構成
清純娼婦級備金:保険料のうちから来の険金・付金等に積み立てておく

生命保険の保険料の仕組みの概要


生命保険の保険料の仕組みの概要をまとめると以下の表になります。ゴロ合わせと一緒に記載してありますので、一緒に覚えてしまいましょう。

  ゴロ合わせ
原則
・法則
収支相等の原則:入(保険料・運用益)と出(保険金・経費)が等しくなるように保険料を設定するという原則
数の法則:偶然に見える事象も多数の例を集計すれば一定の法性が見出せるという法則
セーフ
終始体操
する
保険料の
仕組み
保険料:予定亡率と予定
で構成
加保険料:予定業率で構成
なおしり
不死身。

備金
保険料のうちから来の険金・
付金等に積み立てておく
清純娼婦級

保険料を構成するものの入れ替えに注意!

保険料は
純保険料予定死亡率予定利率
付加保険料予定事業率
で構成されます。くれぐれも間違えないように気をつけましょう。

---

2012年もどうぞ「秘伝!FP暗記術」をよろしくお願いいたします!!

それではまたお会いしましょう!庵谷でした!

|

« あけましておめでとうございます! | トップページ | 第105回 経済・景気指標の調査時期 »

リスク管理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286670/43019355

この記事へのトラックバック一覧です: 第104回 生命保険料の保険料の仕組み:

« あけましておめでとうございます! | トップページ | 第105回 経済・景気指標の調査時期 »