« 第83回 不動産の鑑定方法 | トップページ | 第85回 相続時精算課税制度 »

2011年8月10日 (水)

第84回 贈与の概要と納税義務者と課税財産・非課税財産

第84回は、相続・事業承継から 「贈与の概要と納税義務者と
課税財産・非課税財産」です。

最後に2009年9月2級学科試験からの出題があります。

---

FP暗記研究会からのお知らせ①

庵谷、安田による著書『超快速勉強法』8月23日から都心の書店から順次発売となります。詳細はブログに随時upしていきます。

書籍は、以下の特徴があります。

・音声番組「超音速勉強法-資格の歩き方-」の初の書籍化で、
まだ番組で触れていない勉強法が盛りだくさん

・2人が経験した成功した勉強法や失敗した勉強を惜しみなく発表

今すぐに実行できる勉強法の集大成

となっています。

また、超快速勉強法はこんな人に向いています

□ 3日坊主の人
□ 1つのことに打ち込んだ経験がある人
□ これまで一夜漬けで乗り切ってきた人
□ 最近、人生がイケていない人
□ 実は「やればできる」と思っている人
□ 理由をつけてがんばれなかった人
□ 思いっきり遊べる人
□ 忍耐力がない人
□ 現状に危機感を感じている人
□ コツコツ勉強をやってきたけれど結果が出ていない人

このうち1つでもチェックがついた人に、まさにこの勉強法が向いています。
書籍を読んで、超快速勉強法を実践しましょう!

FP暗記研究会からのお知らせ②

秘伝!社労士試験暗記術<2011年版 第1巻(労働編)>
秘伝!社労士試験暗記術<2011年版 第2巻(社会保険編)>

秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術<2011年版 第1巻>
秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術<2011年版 第2巻>

好評発売中です。

今年版は、小型化、重要度による刷新、ゴロ合わせの追加など
さらにパワーアップしています。
詳細は「秘伝!社労士暗記術」「秘伝!診断士暗記術」の公式ブログまで!

FP暗記研究会からのお知らせ③

FP暗記研究会では新メンバーを募集しています

現在受験生で頑張っている人、そして、FPの方。
5万人以上登録している人がいる番組に携わってみませんか?

応募方法はfp.*nki@gmail.comの*部分をaに変えたメールアドレスまで
以下を記載しご応募下さい。

次回は9月下旬に東京の渋で行います。

① 氏名(漢字と読み仮名)、ペンネーム(あればで結構です)
② 秘伝!FP暗記術でどんなことがしたいかという抱負

こちらから、折り返し連絡させて頂きます。
皆様のご応募お待ちしております!!!

---

「fp084.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

贈与の概要と納税義務者と課税財産・非課税財産

「ゾウは無償で受けたが、定期的な負担により死亡。」
「増税、日本国内は無能。国外は正義で日本の財産のみ。
増加は本来すべてだが、みな低く、保険を免除するしかなく、
悲惨な法、しょっちゅう不正な構造社会を想像」

前半のゴロ合わせで贈与の種類を3つ、後半のゴロ合わせで
贈与に対する課税・非課税について表しています。

ゾウはは無償で受けた=財産を無償で与えることと受けること
定期的負担により死亡=定期贈与、負担付贈与、死因贈与

これで、贈与の意味と3つの贈与の種類を表しています。

後半部分は、少し長いのですが、左部分のゴロ合わせと
右の内容をじっくり見比べてみてください。

増税、日本は無能は、日本人が日本国内に住所がある場合は制限付義務者になる。
国外正義日本の財産のみ外国人が日本国外に住所がある場合には限納付務者となり、日本の財産のみが課税対象となる。
増加本来すべて与税の税は、本来すべてのものにかかる。
みな低く保険免除するしかなくみなし贈与財産には、著しく低い価額で売買したとき、生命保険を受け取ったとき、債務の免除を受けたときが対象となる。
悲惨しょっちゅう課税財になるのは、人からの贈与財産を受けたとき。これは、得税・民税の対象となります。
不正構造社会想像養義務者からの活費、典・答など社会通念上必要と認められるもの、相続開始年の贈与も非課税の対象となります。

このゴロ合わせにより、贈与とはなにで、どういうものが
贈与税の課税対象になるのか非課税となるのかを
覚えることができます。

贈与税は普段しょっちゅう支払うものではありませんから、
今一つピンとこないことが多いかもしれませんので、
このゴロ合わせで一気に覚えてしまいましょう!

---
今回はゼッキーがお送りしました。
応援クリックよろしくお願いします↓

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ

|

« 第83回 不動産の鑑定方法 | トップページ | 第85回 相続時精算課税制度 »

相続・事業承継」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286670/41089638

この記事へのトラックバック一覧です: 第84回 贈与の概要と納税義務者と課税財産・非課税財産:

« 第83回 不動産の鑑定方法 | トップページ | 第85回 相続時精算課税制度 »