« 第40回 第三分野の保険の主なものの特徴 | トップページ | 第42回 PBRとPER »

2010年9月29日 (水)

第41回 セーフティネットの保護範囲

第41回は、金融資産運用から 「セーフティネットの保護範囲」です。
今回は、先日、ついに発生した日本での預金保護(ペイ・オフ)制度の範囲を押さえましょう。

---

FP暗記研究会からのお知らせ①

FP暗記研究会では新メンバーを募集しています

現在受験生で頑張っている人、そして、FPの方。
2万人以上登録している人がいる番組に携わってみませんか?

応募方法はfp.*nki@gmail.comの* 部分をaに変えたメールアドレスまで
以下を記載しご応募下さい。

① 氏名(漢字と読み仮名)、ペンネーム(あればで結構です)
② 秘伝!FP暗記術でどんなことがしたいかという抱負

こちらから、折り返し連絡させて頂きます。
皆様のご応募お待ちしております!!!

FP暗記研究会からのお知らせ②

秘伝!社労士試験暗記術第1巻(労働編)
秘伝!社労士試験暗記術第2巻(社会保険編)(ともに同友館)2010 年4月15日発売!!上のリンクをクリックで購入できます。詳細は「秘伝!社労士暗記術」の公式ブログまで!

秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第1巻〉
秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第2巻〉
(ともに同友館)2010年2月18日に発売しました!!上のリンクをクリックで購入できます。詳細は「秘伝!診断士暗記術」の公式ブログまで!

FP暗記研究会からのお知らせ③

最新情報をお伝えする公式twitterアカウントも開設していますので、興味のある方はぜひフォローしてみて下さい。庵谷のアカウントは「ioritani」、 46のアカウントは「46s」です。こちらもフォローしてみてください。

Twitter Button from 
twitbuttons.com

---

「fp041.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

セーフティネットの保護範囲

「ようこ国内帰還、千代子組1,000万里。トシ怠り1人…」

前半「~万里」までは預金者保険機構、そして貯金保険機構の保護範囲を表しています

ようこ金者険機
国内国内に本店のある銀行、信託銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫
帰還=保護の対象は1人1金融機関ごとに
千代子金保険機
=1人1農水産業協同合ごとに
1,000万里1,000万円とその息を保護範囲とする

最後の「トシ怠り1人」は投資者保護基金の保護範囲です。

トシ投資者保護基金
怠り=分別管理を怠った金融商品取引業者が破綻した場合に備えるもの
1人1人につき1,000万円を保護範囲とする

セーフティネットの保護範囲の概要

セーフティネットの保護範囲の概要は以下の通りです。

保護期間 保護範囲2 金融機関
預金保険機構 1人1金融機関につき元本1,000万円とその利息 国内に本店のある銀行、信託銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫
投資者保護基金 分別管理を怠った金融商品取引業者が破綻した場合に備えて1人につき1,000万円を上限に補償 金融商品取引業者
貯金保険機構 1人1組合につき元本1,000万円までとその利息 農業協同組合、漁業協同組合、農林中央金庫

海外に本店のある銀行の場合は預金保険機構の対象にならない点などをしっかりと覚えておきましょう。

---
それではまたお会いしましょう!今回は46がお送りしました!
皆様の応援が励みになります。応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 経営ブログ 
ファイナンシャルプランナーへ

|

« 第40回 第三分野の保険の主なものの特徴 | トップページ | 第42回 PBRとPER »

金融資産運用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286670/36952196

この記事へのトラックバック一覧です: 第41回 セーフティネットの保護範囲:

« 第40回 第三分野の保険の主なものの特徴 | トップページ | 第42回 PBRとPER »