« 第25回 老齢基礎年金の支給要件 | トップページ | 第27回 ソルベンシー・マージン比率 »

2010年6月 9日 (水)

第26回 確定拠出年金

FP暗記研究会からのお知らせ①

秘伝!社労士試験暗記術第1巻(労働編)
秘伝!社労士試験暗記術第2巻(社会保険編)
(ともに同友館)2010年4月15日発売!!

上のリンクをクリックで購入できます。また、右サイドバーの「About」の画像クリックでamazonのサイトより購入することができます。

未発表ゴロ合わせや最近の試験傾向に対応したゴロ合わせ、
最新の過去問などが詰まって盛りだくさんです。
読者特典等の詳細は「秘伝!社労士暗記術」の公式ブログまで!

FP暗記研究会からのお知らせ②

秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第1巻〉
秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第2巻〉
(ともに同友館)
2010年2月18日に発売しました!!

上のリンクをクリックで購入できます。また、右サイドバーの「About」の画像クリックでamazonのサイトより購入することができます。

未発表ゴロ合わせや最近の試験傾向に対応したゴロ合わせ、
最新の過去問などが詰まって盛りだくさんです。
読者特典等の詳細は「秘伝!診断士暗記術」の公式ブログまで!

---

第26回は、ライフプランニングと資金計画から 「確定拠出年金」です。

「fp026.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

確定拠出年金

「①シュキ!ジローに恋し悲痛な胸。
②変顔OK?降参!ダメな婿の武藤。」

前半「①シュキ!ジローに恋し悲痛な胸。」で、企業型と個人型の個別の項目を表しています。

シュ=確定拠年金
ジローに=(業型の対象者)企業型の施企業に勤務する60歳未満の国民年金第2号加入者

悲痛=(人型の対象者)国民年金第1号加入者、確定拠出年金と他の企業年金制度の加入対象とならない(対象者)で60歳未満の国民年金第2号加入者

後半「②変顔OK?降参!ダメな婿の武藤。」で、企業型と個人型の共通の項目を表しています。

変顔OK=(運用商品)本が動する株式、債券等もOK

降参ダメ=(対象者)務員、国民年金第3号加入者

な婿武藤=(給付)70歳まで:支給開始の必要。65歳から(遅くとも):最初の拠出から10年未満の場合。60歳から:最初の拠出から10年以上の場合。


確定拠出年金の概要


確定拠出年金は、企業型と個人型の2種類あり、区別して覚える必要があります。確定拠出年金の概要をまとめると以下の表のようになります。

            確定拠年金 ゴロ合わせ
個別
項目
業型
の対象者
企業型の施企業に勤務する
60歳未満の国民年金第2号加入者
(シュ)
ジローに
人型
の対象者
国民年金第1号加入者、確定拠出年金と他の企業年金制度の加入対象とならない(対象者)で60歳未満の国民年金第2号加入者 悲痛
共通 運用商品 本が動する株式、債券等もOK 変顔OK
対象者 務員、国民年金第3号加入者 降参ダメ
給付 70歳まで:支給開始の必要。
65歳から(遅くとも):最初の拠出から10年未満以上の場合。
60歳から:最初の拠出から10年以上の場合。
な婿武藤


ちなみに、確定拠出年金の拠出限度額については、「秘伝!社労士暗記術」の第20回を参照ください。法改正があった箇所なので、余裕のある方はこちらも覚えておくとよいと思いますよ!

---
それではまたお会いしましょう!庵谷でした!
皆様の応援が励みになります。応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ

|

« 第25回 老齢基礎年金の支給要件 | トップページ | 第27回 ソルベンシー・マージン比率 »

ライフプランニングと資金計画」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです!

ちょっと仕事そっちのけで勉強してたので、山積みの年度更新作業がきつかったです・・(。>0<。)自業自得ですが。

さすがに試験まであと70日少々となると焦ってきました。
過去問解く合間に通信教育のDVDをもう一度一通り見直しているのですが、忘れている事が多くてちょっと愕然としています・・(・_・)

今日は試験について暗記研究会の方々に質問をしたいのですが、いいでしょうか?
今まで一問一答を繰り返してきたのですが、最近5択の練習をしています。
問題を解く中で、1番目(あるいは2,3番目)の肢が確実に正しい(誤り)と自信がもてる時点で、次の問題に進むのはリスクがありますか?制限時間がタイトなだけに少しでも早く問題を解き進められるなら・・という思いがあるのですが・・・
どうかご教授下さい。

よろしくお願いします!!

投稿: hongmei xiaoli | 2010年6月12日 (土) 13時19分

>hongmei xiaoliさん

お久しぶりです、庵谷です。

そうですね、もう少しで試験ですね。
忘却曲線は早くて私が受験生時代も同じように焦っていました。特に労働基準法や労災法など最初のほうに学習したものが抜けておりこの時期に一生懸命覚えたものです。

ちょうど今日収録があり、話題になったのですが、この場合は基本的に次の設問に進んでよいのではないかと思います。

xiaoliさんが仰るように、自信がある問題ならば試験時間が限られておりますから先に進むという方法は有効だと思います。

ただしその場合、その問題に自分がわかる印(★マークなど)をつけておき、必ず最後に見直すということをされるとよいと思います。

後になり、最初に正しいと思っていた選択肢が実は間違っていたということを防ぐためです。

これはひとつの方法ですので、参考程度に使っていただければと思います。

試験まであと少しでね!
応援しています!!!

投稿: 庵谷 | 2010年6月12日 (土) 14時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286670/33807186

この記事へのトラックバック一覧です: 第26回 確定拠出年金:

« 第25回 老齢基礎年金の支給要件 | トップページ | 第27回 ソルベンシー・マージン比率 »