« 第13回 介護保険の被保険者と要介護認定 | トップページ | 第15回 自賠責保険の保険金支払限度額 »

2010年3月15日 (月)

第14回 国民年金の併給調整(新法間の併給調整の支給事由が異なる場合)

FP暗記研究会からのお知らせ①

秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第1巻〉
秘伝!中小企業診断士1次試験暗記術〈2010年版 第2巻〉
(ともに同友館)
2010年2月18日に発売しました!!

上のリンクをクリックで購入できます。また、右サイドバーの「About」の画像クリックでamazonのサイトより購入することができます。

未発表ゴロ合わせや最近の試験傾向に対応したゴロ合わせ、
最新の過去問などが詰まって盛りだくさんです。

ちなみに、以下の2つの特典があります。

(1) 同友館のHPより、ゴロ合わせ帳(データ版)をプレゼント

プリントアウトして使うことで、覚えにくいゴロ合わせも覚えられます!
こちらは3月頃からダウンロードできるようになりますので、もう少々お待ち下さい!

(2) 第1巻、第2巻を同時購入された方には「秘伝!診断士暗記術」公開収録へご招待

抽選で当選された方には、「秘伝!診断士暗記術」の公開収録へご招待します。
詳細は「秘伝!診断士暗記術」の公式ブログまで!

FP暗記研究会からのお知らせ②

『秘伝!社労士試験暗記術第1巻』
『秘伝!社労士試験暗記術第2巻』
(ともに同友館)2010年3月頃発売!!

発売までもう少々時間がかかりますが、発売時期や詳細が決まりましたらお知らせします。また、右サイドバーの「About」にもお知らせいたします

未発表ゴロ合わせや最近の試験傾向に対応したゴロ合わせ、
最新の過去問などが詰まって盛りだくさんです。もう少々お待ち下さいね!

---
第14回は、ライフプランニングと資金計画から 「国民年金の併給調整(新法間の併給調整の支給事由が異なる場合)」です。

「fp014.mp3」をダウンロード

↑PCで聴く場合は、矢印ボタンをクリックすると、番組を再生します。iPod以外の携帯プレイヤーで聴く場合はマウスで右クリックして「対象をファイルに保存」を選んで、mp3形式で保存してお使いください。

=====================================

国民年金の併給調整(新法間の併給調整の支給事由が異なる場合)

「新婚さんは洗濯好き。婿は正気の上に全部OK。グロッキーで行こう。」

新婚さん=法間の併給調整の支給事由がなる場合
洗濯=(原則)受給権者が選択

婿正気の上に全部OK。グロッキー行こう
=(例外)65歳に達している者に限り、以下がOK。

正気の上に全部OK礎年金の上に、全部(老齢厚生年金・退職共済年金、遺族厚生(共済)年金)OK
②グロッキー行こう礎年金の上に、生(共済)年金


国民年金の併給調整(新法間の併給調整の支給事由が異なる場合)の概要


こちら、『秘伝!社労士試験暗記術第2巻』にもこのゴロ合わせが収録予定です。

(1) 新法間で支給事由が同一な場合
この場合は、併給されます。たとえば老齢基礎年金と老齢厚生年金のような場合です。また、老齢厚生年金・退職共済年金のように共済年金が入っている場合も同じです。

(2) 新法間で支給事由が異なる国民年金の給付間の場合
この場合は、1つを選択します。そして、他の年金は支給停止となります。ただし、老齢基礎年金と付加年金のみ、併給されます。

(3) 新法間で支給事由が異なる国民年金と被用者年金各法の給付間の場合(これがゴロ合わせにあたります)

① 原則
すべての年金給付が支給停止となり、受給権者の選択により1つの年金給付の支給停止を解除します。

② 例外
受給権者が65歳に達している者に限り次の場合は併給されます。
障害基礎年金と老齢厚生年金・退職共済年金
障害基礎年金と遺族厚生(共済)年金
老齢基礎年金と遺族厚生(共済)年金

ちなみに(1)~(3)は新法間での併給調整についてです。新法と旧法間のもの(4)もありますが、あまり出題頻度が高くないので、新法間に限定しています。こちらは、『秘伝!社労士試験暗記術第2巻』に詳細が掲載予定です。

以上をまとめると以下の表になります。

  厚生年金・共済年金
老厚 障厚 遺厚
国民
年金
老基 ○(1) × △(3)(4)
障基 △(3)(4) ○(1) △(3)(4)
遺基 × × ○(1)

※1 労基:老齢基礎年金、老齢厚生年金・退職共済年金:老厚のように簡略化して記載しています。

※2 図表中の数字は上記(1)~(4)のどれにあてはまるかを表しています。

※3 ○は条件がなく併給できるということを表し、△はすべて65歳以後なら併給できるということを表します。

※4 (3)と(4)は同じところに△印がついていますが、(4)の場合は老基+遺厚のところについてはどちらが旧法、新法でもよいです。それに対し、障基+老厚、障基+遺厚は障基が旧法であり、老厚と遺厚が新法である必要があります。

---
「秘伝!診断士暗記術」でも同時upでした。記事はこちら

それではまたお会いしましょう!庵谷でした!
皆様の応援が励みになります。応援クリックお願いします↓

にほんブログ村 経営ブログ ファイナンシャルプランナーへ

|

« 第13回 介護保険の被保険者と要介護認定 | トップページ | 第15回 自賠責保険の保険金支払限度額 »

ライフプランニングと資金計画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1286670/33194900

この記事へのトラックバック一覧です: 第14回 国民年金の併給調整(新法間の併給調整の支給事由が異なる場合):

« 第13回 介護保険の被保険者と要介護認定 | トップページ | 第15回 自賠責保険の保険金支払限度額 »